一人で参加OK!?街コンを楽しむ3つの裏ワザ【東京ジョブコンTABLOID】

COMPA
2018/01/29

一人で参加OK!?街コンを楽しむ3つの裏ワザ

周りの友人は彼氏・彼女がいるから誘いにくい。友達と参加すると気を遣ってしまって上手く異性と話せない。一人で参加なんて、コミュニケーション下手の私には難しい、なんて方に街コンを楽しむ裏技を伝授します。

一人での参加は「プチ街コン」がオススメ

基本的に、街コンは二人でエントリーするものです。しかしながら友人は全員、彼氏・彼女がいるor結婚しているなど誘う相手がいない人もいるでしょう。一人でも参加することは可能ですが、必ず知らない人とペアを組まされます。それを避けるためにも、「プチ街コン」に参加しましょう。

一人参加OKの街コン

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、いわゆる「プチ街コン」です。参加人数は少なく、一店舗で開催されます。そして着席スタイルでゆっくり相手と話をすることができるため、会話が苦手でも心配いりません。そして自動的に席替えタイムが発生するため、声掛けが不要です。

友達に気を遣わなくて済む

今までにも街コンに参加したことがある人は経験しているかもしれませんが、友達と参加すると、確実に気を遣います。そして後から気付くわけです。「何しに来たんだろう」って。たしかにコミュニケーション能力が高い友達を誘えば、出会えるチャンスも増えますが、それを成功に導ける可能性は高くなりません。

街コン参加前の下調べは重要

単純に親しい友達と飲みに行くだけなら、お店のリサーチは必要ありませんし、目に入った飲食店に入ればよいですよね。それが異性とであれば、気心知れた仲でも少しは気を遣いますよね?そして事前に必要情報をリサーチしておくはずです。街コンでもその気持ちは忘れないでおきましょう。

参加店情報を早めに把握する

プチ街コンでない限り、限られた時間内に効率よくお店を移動するためには、利用できる飲食店の位置情報や、店の雰囲気を知っておくことも大切です。はじめて訪れる場所でも少しは情報が入っている方が、気持ちも楽になるはず。店舗情報に関しては、イベントの公式サイトで確認することができます。

会場には早めに向かっておく

どんな状況でもギリギリに到着するのは、焦ってしまう可能性大ですよね。開催されてから終わるまでの時間は限られています。それを有効活用するためにも、受付を早めに済ませておきましょう。またこの時間で参加者の特徴を掴んでおくことも大切です。

気楽に、中長期的に考える

街コンに参加するからといって、一週間前から気合が入りすぎていませんか?彼氏・彼女を作ろうと、焦っているのではないでしょうか。とくに一人で参加する場合、頼れるのは自分のみです。こういう場で出会えることは、期待し過ぎず、もしうまくいけば「ラッキー」と思う感覚で参加しましょう。

必死になりすぎない

冷静になって考えたらわかりますが、必死感を前面に出し過ぎている人は、それが仇となってしまいます。たとえば大学サークルの新歓で「大学生デビュー」丸出しの人を見ると、残念な気がしてきますよね。それと同じだと考えてください。たまたま参加したらよい人に出会えたという成功例も少なくありません。

お酒やおしゃべりをとにかく楽しむ

街コンは、知らない男女が交流する場であるとともに、地元の美味しい酒や食事を堪能できる場でもあります。普段は行かないお店で、楽しくおしゃべり。大規模な街コンに参加すれば、年齢や職業もバラバラで、趣味も好みも統一されていません。人脈や行動範囲が広がればいいなという感覚で参加してみてください。

街コンは一人での参加でも楽しめる

街コンに一人で参加する人も珍しくありません。一人の方が、気が楽な場合もありますし、何よりもすべてを自分で判断することも可能です。たしかに失敗した時のショックは大きいですが、気負わずに参加してみることも大切です

write byvesa tawast
大手広告代理店、外資系医療機器メーカーで営業を経験した後、Web記事を中心とするライターに転身。自身の経験に基づき、転職・スポーツ・美容・ガジェット・インターネットなど多様なジャンルで執筆活動に勤しんでいます。