お店選びで重要なのは流行!ミシュラン話題のお店は要チェック!!【東京ジョブコンTABLOID】

GROUMET
2018/03/08

お店選びで重要なのは流行!ミシュラン話題のお店は要チェック!!

飲食店も日々入れ替わり、ブームもさまざま。そこでわかりやすく流行をチェックできるのがミシュラン。ミシュランガイド東京2018ではじめてミシュラン掲載店となった話題のお店を業態別に厳選5店ご紹介!!

はじめて星を獲得!「一つ星編」

お店の評価をあらわすものとして、食べログの点数や雑誌、メディア等の取り上げられた数などさまざまな指標がありますよね。その中でもひときわわかりやすく、影響力があるのはやはりミシュランの星!
東京都に数万とある飲食店の中で、2018版で星を獲得できたお店はわずか234店舗!外食のプロたちが選び抜いたこの234店舗にはやはり注目が集まります!その中でも筆者の独断と偏見で3店舗だけ本記事ではご紹介いたします!

「しのはら」 @銀座

こちらは銀座の和食店。なんと食べログは4.8という驚愕の点数をたたき出しています。
こちらの店主篠原さんは滋賀県で「日本料理しのはら」を営んでおりました。このときからかなりの有名店で、食通や同業者が全国各地からその店だけのために滋賀を訪れたという伝説的なお店。その篠原さんが当時の地位や名声をすべて捨てて2016年10月にオープンさせたのがこのお店となります。料理は“和食”と表現するのは失礼なほど独創性に満ち溢れた品々ばかり。感動のその先を感じられる、今乗りに乗っているレストランです。

「ミモザ」 @表参道

こちらは表参道交差点付近にある中華店。新宿の有名店シェフスから独立された南シェフのお店です。
お店は中国の高級マンションの一室をイメージしており、アットホームさとプライベート感がある落ち着いた雰囲気、料理は上海料理。その上海料理の中でも伝統あるオールド上海料理。「揚・炒・煮」と基本的な技法を取り入れながらも新しい中華に出合わせてくれるすばらしいお店!!

「ラペ」 @三越前

こちらは小さなフレンチレストラン。松本オーナーは5つのフィロソフィー「日本・調和・心・繋がり・五感」を大切にしています。20席のみの小さなお店にした理由もここに隠されているのだとか。
実家はおでん屋、修行先はフランスではなくベルギー。とかなり異色の経歴だがその腕前は本物。また、ワインのこだわりも都内では随一!

使い勝手抜群! 「ビブグルマン編」

ビブグルマンをご存知でしょうか?一つ星以上のお店は高級店がほとんどですが、ビブグルマンはいいお店だけどリーズナブルに楽しめるお店です!これも立派なミシュラン掲載店。その中でも注目の新店と老舗店という異なるタイプのお店ご紹介!

「AnDi」 @外苑前

こちらはベトナム料理店。ミシュランの中でも珍しい業態です。
こちらのオーナーは大越さんというソムリエの方。業界的にはかなり有名な方でよくセミナー等もやられています。
お料理は現地のベトナム料理よりはモダンなエッセンスが取り入れられたおしゃれな料理です。お酒もワインだけでなく日本酒や焼酎も提案してくれるところはなかなかおもしろいですね。この機会にぜひチャレンジを!

「餃子の王さま」 @浅草

創業は昭和29年の超老舗店がこの度ビブグルマンに初ノミネート!!ご主人は誰よりも餃子に時間を費やしたと・・・
王さまの餃子は420円と下町価格!お財布にやさしい!いろいろな種類の餃子もあるのでビールを飲みながらつまむのがオススメ!!

最後に

あくまでもミシュランは指標の一つでしかありません。しかしなかなかお忙しくて情報を手に入れられない方にはいい参考資料になるかもしれません。ぜひたまにはいいお店にいってみてくださいね!

write by若手グルマン
年間300日以上外食をする男。鮨が一番好きですがオールジャンル大好きです!