男性が「手料理に求めるもの」とは?【東京ジョブコンTABLOID】

GROUMET
2018/03/16

男性が「手料理に求めるもの」とは?

20代後半~30代の男性が手料理に求めるものは多々あります。それを知らずに作ってしまうと、あまり喜んでもらえないことも。この記事では、男性が喜ぶ手料理について、料理名ではなく概念的な面を紹介します。

愛情が入った料理

これはとてもシンプルなものなのですが、男性は女性の手料理に愛情を求めています。料理が美味しいとか料理の質が高いといいうことも重要なのですが、一番重要なのは愛情が籠っているかどうか。それこそがハートを掴める要素なのです。

好きなものを把握できているかどうか

愛情の中でも、男性がとくに気にしているのは、自分の好みを相手が知っているのかどうかという点です。たとえばチーズ好きな人にハンバーグを作ってあげるとして、そのハンバーグの中にチーズが入っていたら、彼氏を喜ばせるには素敵なサプライズになりますよね!相手の好みを知ることが、愛情を詰め込む重要なポイントとなります。

一生懸命作るだけで喜ぶ

男性が求めているのは、質の高い高級料理のようなものではありません。好きな人が一生懸命作ってくれた料理です。手料理に求めるものはクオリティではなく、大切な人が作ったという証と言えます。事実、男性は美味しくできなくてもニコニコ食べてくれることが多いです。それは愛情を感じているからでしょう!

慣れ親しんだ料理

奇をてらった料理が出てきて喜ぶ男性はあまりいません。「夏野菜のテリーヌを作ってみたよ」とか「モッツァレラチーズのカプレーゼを作ったよ」と言われても、正直あまり実感が持てない人も多いでしょう。まずは慣れ親しんだ味を求めることが多いのです。

母の味にひと手間加える

男性は母親の作った料理が好き。むしろそれで育ってきたのだから、一番慣れている味で、安心して食べられるものなのです。つまり彼がどのような料理を好むのかを知るためには、相手の母親に聞くのがいいです。そこに自分のアレンジを加えてみるのがいいでしょう!慣れ親しんだ味というのは、やはり美味しく感じるものです。

定番や王道が一番

男性はムダにオシャレな料理などは、あまり好まない傾向が強いです。それならシンプルにカレーやシチュー、肉じゃがやハンバーグと言ったものが◎。定番料理が王道料理こそが、男性にとっては魅力的に見えるものなのです。

男性の胃袋は愛情で掴め!

男性の胃袋を掴めるのは、付き合っている彼女だけです。だからこそ愛情を込めて、慣れ親しんだ味を作ってあげましょう。もちろん、自分らしさもスパイスで入れてよいでしょう!そこから胃袋を掴めるように頑張ってみてください。

write byライター西川
ライター歴5年。ファッションや恋愛ネタを得意とし、幅広いジャンルで活躍中。