美味しさだけがすべてじゃない!?男性の好感度がアップする手料理のポイント【東京ジョブコンTABLOID】

GROUMET
2017/11/30

美味しさだけがすべてじゃない!?男性の好感度がアップする手料理のポイント

恋人が喜んでいる姿を見たい!と料理教室に通う女性も少なくありません。でも男女の間で料理に対する意識が異なっていることも。美味しい料理を意識し過ぎて、彼が食べたいものとズレていませんか?

男性への手料理は女子会とは違う!

確かに料理上手である方が男性へのアピールポイントとなります。それでも「彼の胃袋を絶対に掴む」といった意識が強すぎることで、女子会で披露する手料理になってはいませんか?そこで、男性が何を望んでいるのかを知っていきましょう。

シンプルイズベスト

彼に喜んでもらいたいがために、手の込んだ料理を提供していませんか?料理名を聞いたらよくわからない横文字が並んでいることは少なくありません。複雑すぎて、どう反応すれば良いのかに迷ってしまいます。そういった試行錯誤した料理ではなく、定番のハンバーグやカレーライスといったシンプルなものを確実にマスターしていきましょう。ちなみに品数を増やしていくことも、男性側は抵抗を感じてしまいます。

栄養バランスを重視して

男性が一人暮らしをしていると、食生活の栄養が偏りがちとなってしまいます。野菜を摂取しようと思っても、人によってはレパートリーが少なすぎることも珍しくありません。そこで女性に手料理を作ってもらうなら、栄養バランスを重視したものを考えて欲しいという傾向にあります。将来のことを考えるきっかけにもなるため、本当の意味で「彼の胃袋を掴む」ことができるのではないでしょうか。

意外と見た目重視な男性も

外食するならまだしも、自宅で手料理を食べる時でも見た目を重視する男性は、意外にも少なくありません。確かに定番のカレーライスや煮物といった料理は色が偏りがちになってしまいますが、それでもトッピングなどで彩を加えることは可能です。また料理とお皿の色にも気を付けながら盛り付けると良いかもしれません。

ちょっとした配慮も必要

せっかく作ったのだから残さずに食べて欲しい!確かにその気持ちは痛いほど分かります。それでも料理が上手くいかなかったり、彼の口に合わないことだってありますよね。そんな彼女の気持ちを配慮して「美味しい」と食べてくれる男性は少なくありません。その優しさに甘えたいところですが、本当に美味しく食べてくれているのか気になりますよね?そう思ったら「参考にしたいから口に合わなかったら言ってね」とひと言加えましょう。

手料理は難しく考えすぎない

彼に自分が頑張って作った手料理を美味しく食べて欲しい。そうやって料理教室などに通う女性も少なくありませんが、男性が本当に食べたいものを理解していますか?あまり自己満足になりすぎず、彼の要望を聞きながら手料理を振る舞ってあげてくださいね。

write byvesa tawast
大手広告代理店、外資系医療機器メーカーで営業を経験した後、Web記事を中心とするライターに転身。自身の経験に基づき、転職・スポーツ・美容・ガジェット・インターネットなど多様なジャンルで執筆活動に勤しんでいます。