2017年…今だからこそ、このレトロな雰囲気で味わいたい。チキンラーメン屋台に行ってみた!!!【東京ジョブコンTABLOID】

GROUMET
2017/10/06

2017年…今だからこそ、このレトロな雰囲気で味わいたい。チキンラーメン屋台に行ってみた!!!

こんにちは!ジョブコンレポーターのホリーとターナーです!
10月に入り、寒さが本格化してきましたね。

なんか急に寒くなったよねえ…温かいもの食べたいなーじゃ、チキンラーメン屋台に行きましょうん?チキンラーメンって、家で食べる、あの、チキンラーメンだよね?ふふふ・・・・・・それが、いま、屋台で出してもらえちゃうんですよええーっ行きたい行きたい!ということで、行ってまいりました!!

新宿の東南口を出て右に曲がるとすぐ、ガード下のフード&イベントスペース、「サナギ新宿」の一角にありました。
10月8日までは新宿に出店していて、その後は全国各地をまわるそうです!

ドーン!チキンラーメン屋台です!

わー、本当に屋台だ!この屋台、日清食品の創業者、安藤百福さんがインスタントラーメンの開発に使用していた研究小屋をイメージしてるんですよ!へえー、ってことは1950年代か…レトロな雰囲気が出てるね!

こんなカワイイラジオも!昭和の香りがしますね~!

早速注文して、待ちます。屋台のお兄さんがトッピングしてお湯を注いでくれます。

そしてすぐにラーメンが出てきます。ありがたい。

出てきたラーメンには、かわいいひよこちゃんのフタがしております。これで3分待つわけです。一番おいしい時を正確に、逃さないように、ひよこちゃんのタイマーまでついてくるんです!

ん、これはなんだろこれは、チキンラーメンが発売された日と、同じ日に出た新聞ですよえ!?超レアじゃん!!ちょっと読もう食べるだけじゃなくて、チキンラーメンのことを勉強できるのも良いですよねそんなおしゃべりをしていると、あっという間に3分たち、タイマーが鳴りました!
さあ、レッツ・チキンラーメン!フタを開けると…

ばばーん!!ターナーはチーズトッピング!

ばばばーん!ホリーはキムチトッピングだ!

わあーーーっおいしそう!!ちゃんと卵の白身が綺麗に白くなってる!!うちで作るとこんな上手くいかないよやっぱり屋台のお兄さんの匠の技は違いますね(実食中・・・)お、おいしい・・・(涙)黄身とチーズを麺に絡めると最高…こっちのキムチも、しっかり歯ごたえがありますよ!トッピングは「キムチ」「なると」「チーズ」「コーン」の4種類から一つ選べます。

どのトッピングのラーメンも、すべて300円。育ち盛り(?)の二人はほかのトッピングのラーメンも頂きました。コーンはその甘さがチキンラーメンの塩味によって引き立ちます。ひよこちゃん型の「なると」はとにかくたくさん入っていて、可愛い…!!

ホリーとターナーが夢中で食べていると・・・・・・
「ここ、なにやってるの??」「屋台かわいいー!」「美味しそう・・・!」
オープン前なのに通りすがりの皆さんが、次々と足を止め、お店のお兄さんに声をかけていました。
こんな寒い中、300円で温くて美味しいラーメンが食べられるなら、ついつい座りたくなっちゃいますよね。

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」は、インスタントラーメンの先陣を切っただけでなく、袋を開けてお湯を注ぐだけ、という現在あるインスタントラーメンの中でも最も手軽な調理法での提供をはるか昔に実現させました。現在でも、チキンラーメンが長く愛されている理由はここにあると思われます。

そして、今回の「チキンラーメン屋台」は、来年2018年がチキンラーメン誕生60周年ということで、チキンラーメンをこの開発小屋をイメージした屋台で食べてもらうことで、改めてその美味しさ、良さを伝えよう、という想いから始まったそうです。

今後、チキンラーメン屋台は全国を回って、日本中にそのおいしさを伝えるそうです。
具体的にどの地域に屋台が訪れるかは、HPで随時発表されるとのこと。

東京では10月8日までサナギ新宿に屋台が出ているので、「ちょっといつもと違うラーメン屋の雰囲気を楽しみたい…」「飲んだ後の〆の一杯にラーメン食べたいなあ…」という方、ぜひぜひ、チキンラーメン屋台に立ち寄ってみてください!

チキンラーメン屋台キャラバン
2017年10月2日(月)~10月8日(日)
サナギ新宿(新宿区新宿3-35-6 甲州街道 ガード下)
チキンラーメン1杯300円(税込)
営業時間:17:00~22:00
※2018年3月11日(日)まで、全国に「チキンラーメン屋台」がまわる予定。
詳しい開催予定先は、日清チキンラーメンHPで随時発表されます!