一目惚れから始まる恋を簡単に実らせる5つのコト【東京ジョブコンTABLOID】

TALK
2017/09/06

一目惚れから始まる恋を簡単に実らせる5つのコト

明日から実践!簡単なしぐさやポイントで、一目惚れの熱い恋を成就させましょう。

一目惚れは概して家の中では起こらない

多くの人が、記事を読みながらなかなか機会がないとつぶやいているのを目にします。しかし、もしあなたが家の中にいるのだとしたら、それは根本的に間違っているといえるでしょう。一目惚れは外で起こるものです。人がいるところで怒り、そしてその人との関係をいかに濃いものにしていけるかといった部分が、もっとも一目惚れを成就させる方法といえるのです。

相手の気持ちを考えずつっぱしらない

一目惚れとは一種の事故みたいなものであるといわれます。その感情は短期間でかなり燃え上がるものですから、大変にわくわくしたり、どきどきしたりと楽しさが一杯です。しかし、そんな気持ちに支配されすぎて、自分だけで突っ走ってしまったら、うまくいくものもいかないのは当然といえます。相手は普通の生活を営んでおり、そこを考慮したうえで適切に声を書けていくことがたいせつなのです。

視線をあわせることからはじめよう

目は口ほどに者を言うという言葉があります。どんなに言葉で取り繕っても、嫌いな人を長時間みつめたりすることはあまりありません。逆に、好きになりたい人といる場合、見知らぬ人でも、積極的に視線を合わせてあいコンタクトをとっていくことで、少なからず相手に意識させることができます。もし相手もあなたを恋愛対象としてみているのであれば、成功の確率がぐっと上がるでしょう。

名前を覚えてもらう

あまりうまく話しかけられないと思っても、回数を重ねるごとに、人は好きになりやすく、印象にも残りやすいという研究があります。その際たるものとして、頻繁にコンタクトをとる中で、是非名前を覚えてもらいましょう。店員さんであれば予約をしたり、といった部分で名前を出すことができます。電車などで一緒になる人には、まずコミュニケーションを成立させる必要があるため、なかなかハードルは高くなりますが、名前さえ覚えてもらうと、休息に距離は縮まるでしょう。

ものを落とす

非常に古典的な方法ではありますが、ものをおとして拾ってもらうという方法があります。何度かコンタクトして見知った相手がものを落としたら、少なからず相手は拾ってくれるでしょう。そして意外にもありがとうございますから会話を始めるとかなりスムーズに距離をつめることができるといわれています。なかなか話しかけられない人は、ひとつの方法と考えて、思い切ってやって見ましょう。ただ、1度しか使えない方法というところもポイントです。

自分の弱みをひとつ相談する

コミュニケーションがとれるのにいまひとつ距離をつめることができないと悩んでいる人にとっては、自分からプライベートな方法を自己開示するのも有効な方法です。ひとつでかまいません。それがうそでもかまいません。悩んでいるもことを作って、それを思い切って相談してみましょう。相談されると、男性は好きになる確立がかなり上昇するのは周知の事実ですから、会話の機会を得る意味でも実践してみましょう。

write byちわわん
美容師・エステティシャン・化粧品販売などの美容関係で勤務していた経歴があり、現在はWEBライターとして活動中。美容や医療系を中心に、自信の経験に基づき、培われた知識を発信しています。


READ MORE