社内恋愛のキッカケとは?恋愛対象に変わる瞬間5選!【東京ジョブコンTABLOID】

TALK
2017/11/01

社内恋愛のキッカケとは?恋愛対象に変わる瞬間5選!

職場では男女様々な人が働いていますよね。今回ご紹介するのは社内恋愛についてです。ただの仕事仲間として認識している人の恋愛対象になっているかも?また、もしかしたら自分がそう感じる時があるかも…!?

さり気ない気遣いから異性に発展!?

同じ職場で働く者同士、気遣ったり気遣われたりをしているはずです。残業で参っている時にコーヒー1本の差し入れだけであなたに対する気持ちが変わるかもしれません。疲れている時に優しくされるとその人の印象が良くなりますよね?それと同じことです。

叱られている時に庇ってもらえるとキュン!?

これは女性側に多い傾向がありますが、仕事で失敗をして上司に叱られている時に庇ってもらえたりなんかすると、その相手のことを『良い人』と思いますよね。ふとした時に頼れる人と思わせられると同僚から恋愛対象になることが多いようです。ただ、男性が叱られている時に女性に庇われるのは、男性側が情けなくなってしまう傾向にあるらしく逆効果になりかねませんから気を付けてくださいね。

飲み会でドキッと!?

仕事をしていると色んなタイミングで同僚や上司と飲みに行くことがありますよね。忘年会、新年会、お盆時期に飲みに行ったりなど……たまには望まない飲み会に出席することもあるかと思います。ですがそういう飲み会の時こそ同僚たちの普段は見られない顔を見ることが出来て、印象が変わって異性としてい認識し始めたということもあります。特に職場から離れた飲みの場はプライベートな話をすることが多いですからね。「あ、こういう人だったんだ」と思う機会が多くあると思います。

同じ仕事をすると距離が縮まるかも!?

書類整理、商品の品出し、男女が同じ仕事をすることは珍しくないですよね。そういう何気ない場からも恋愛に繋がることがあります。一緒に仕事をするのだからフレンドリーに接する人が多いでしょう。険悪な空気のまま仕事をするなんてお互いに嫌ですしね。だからこそ何気ない話からお互いの印象が変わり、そこから恋愛に発展することもないとは言えないのです。

大事なのは行動力!?

同じ職場で働く者同士、休日を除いて毎日顔を合わせるのは当たり前ですよね。ですが待つだけの恋愛という時代は過ぎていて、今は自分から行動する人が成功すると言われています。恋愛ではなく仕事で考えてもそうですよね。指示を待っているだけの人より、自分で考えて行動する人の方が出世しやすいでしょう。恋愛も同じように言えますし、他の同僚たちと違う感情を持つ人には積極的に行動してみてはいかがでしょう? 他の人とは違った感情を持っている、これこそが社内恋愛の一歩なのですから。

社内結婚が一番確率が高い!

社会人になると、1日のうちのほとんどを社内で過ごします。つまり、同じ会社の人と過ごす時間が一番多いんです!顔を合わせる時間が長いと、その人のことを知る機会も増えますよね。人は、よく知っている人ほど好意的に感じるという心理が働くんです。そうすると、やはり同じ会社の人と恋に落ちる確率は上がりますよね!恋に落ちるチャンスがたくさん転がっているのでぜひ物にしてくださいね。

write byちわわん
美容師・エステティシャン・化粧品販売などの美容関係で勤務していた経歴があり、現在はWEBライターとして活動中。美容や医療系を中心に、自信の経験に基づき、培われた知識を発信しています。


READ MORE