彼氏とケンカをしてもすぐに仲直りができる裏ワザを5つ紹介!【東京ジョブコンTABLOID】

TALK
2017/11/13

彼氏とケンカをしてもすぐに仲直りができる裏ワザを5つ紹介!

彼氏を些細なことでケンカしちゃった!そんなとき、仲直りできる裏ワザを知っておけば安心ですよね。

自分から謝る

相手が確実に悪い場合は謝らなくても良いかもしれませんが、二人に原因があるときは自分が折れることも重要です。もちろん納得いかないこともありますが、仲直りしたいなら謝ってみてください。もちろん、最初は形式だけで良いです。男性というのは単純で、少し歪んでしまった二人の気持ちを改善しようとすれば、すぐに仲直りできるものです。そのための魔法の言葉が「ごめんね」なのです。

一緒に食事をする

ケンカしてしまった場合は、とりあえず食事をしましょう。一緒に食事をしていると、自然と会話しなくてはいけない空気になっていきます。そうなると、気付いたら仲直りしていることもあるのです。そもそもカップルのケンカの多くは、なんてことない痴話ゲンカということも多いです。それなら、食事をするだけで改善されるかもしれません。

素直な気持ちを伝える

ケンカをしてしまうのは、自分の言い分が相手に理解してもらえないからです。相手もまた同じ状況になっています。つまり、そういう場合は素直な気持ちをぶつけていくのが良いです。特に女性は感情的になりやすい人も多く、相手が会話しようとしても「もういい!」とか「知らない!」と突っぱねてしまうこともあるでしょう。それはダメです。相手と正直に話すことで仲直りもできるでしょう。

相手に謝らせる

自分がどうしても謝るのが嫌なら、相手に謝らせることも重要です。実は、意固地になっているだけで、相手も謝りたいと思っていることがあります。そういう場合は、自分から「ちゃんと謝ってよ」という意思表示が大切です。むしろ、それだけで以外にも仲直りできてしまうことがあります。

距離を置いてみる

人間というのは、ずっと一緒にいると相手の嫌な面も見えてくるものです。だからこそ、少し距離を置くというのは重要です。一人になって冷静になれば、自然と仲直りもできるようになるでしょう。ただ、あまりにも距離を話してしまうと、そのまま別れてしまうことにもなるので注意してください。その上で上手な使い方が重要です。

どんな些細なケンカも長引かせたらダメ!

どんなに仲の良いカップルでも喧嘩しちゃうことはありますよね。喧嘩は悪いこと!という人もいますが、喧嘩もしないでお互い我慢している2人よりも、不満を言い合える関係の方がよっぽど素敵だと思います。考えや思いがすれ違ったり、噛み合わなかったりして喧嘩になっても、お互いに理解しあう努力を続けていきましょう。間違っても意地を張って些細な喧嘩を長引かせてはいけません。些細なことから大きな亀裂に繋がりかねないのです。

write byちわわん
美容師・エステティシャン・化粧品販売などの美容関係で勤務していた経歴があり、現在はWEBライターとして活動中。美容や医療系を中心に、自信の経験に基づき、培われた知識を発信しています。


READ MORE