歌が苦手でも大丈夫!カラオケで女性にアピールする方法【東京ジョブコンTABLOID】

TALK
2018/03/05

歌が苦手でも大丈夫!カラオケで女性にアピールする方法

会社の忘年会だけでなく、合コンの二次会でも利用されることが多いカラオケ。苦手意識を持っている男性も少なくないでしょう。これまで実力を発揮できなかったカラオケも、女性にアピールすることができように!

音痴でもカラオケではアピールが可能?

絶対的な音痴。学生時代は音楽の授業も嫌いだったし、なるべくカラオケを避けてきた。そんな人がどうやったらカラオケで女性にアピールすることができるのでしょうか。ここで確認しておきたいのは、歌が上手い下手で女性の評価が変わるわけではありません。これを踏まえて、見ていきましょう。

一生懸命盛り上げる

カラオケだから、苦手だからテンションが下がる?違いますよね。歌わなくたって、アピールできるポイントは沢山あります。他の人が歌っているところを一生懸命盛り上げてあげれば、存在感を示すことができるのではないでしょうか。そこから歌うことに疲れてしまった女性から話しかけてくれることだって十分に考えられます。

盛り上がっていない女性を気遣ってあげる

女性だって同じくカラオケが苦手と感じている人はいます。もしかしたら控えめで盛り上がれない人だっているかもしれません。そんな時に、あなたが近づいて話しかけてあげると株価は急上昇。当たり前のように感じますが、歌うことに熱中している他の男性にはできない気遣いです。一緒に話してあげるだけでも、相手の女性にとって全然違います。

ドリンクを注文する

歌っていると、どうしても喉が渇いてきます。そんなことからもカラオケでドリンクは必須。盛り上がっていて、すぐにグラスが空になってしまうことってありますよね。そんな時、積極的にドリンクを注文して挙げるだけでも印象は変わってきます。ちょっとした気遣いができる男性であれば、女性も安心して身を寄せることができます。ポイントは、それらをさり気なく行うことです。

1曲だけテッパンを用意しておく

どれだけ他のことへ気を配っていても、歌わないといけない場面は訪れます。そんな時に全力で拒否してしまうと場の空気が乱れてしまうため、避けたいところ。それを想定して、1曲だけテッパンを用意しておくことをオススメします。皆が知っているアニソンやカラオケ定番曲などを練習しておけば、いざという時でも問題ありません。

とにかく裏方へと徹することが大切

ここまでくればなんとなくおわかりいただけるかと思いますが、苦手分野は裏方に徹するのは一番です。どうしても実力が発揮できないから控えめになってしまいがちですが、それなら誰もが楽しめる雰囲気づくりをしてあげると、女性にもアピールできるかもしれませんよ。

write byvesa tawast
大手広告代理店、外資系医療機器メーカーで営業を経験した後、Web記事を中心とするライターに転身。自身の経験に基づき、転職・スポーツ・美容・ガジェット・インターネットなど多様なジャンルで執筆活動に勤しんでいます。


READ MORE