出会いを探す前に!20代・30代の女性が身につけるべきコミュニケーション術とは?【東京ジョブコンTABLOID】

TECH
2017/09/01

出会いを探す前に!20代・30代の女性が身につけるべきコミュニケーション術とは?

素敵な人と出会えても、その縁を掴んで関係を続けていくにはコミュニケーション術が必要。コミュニケーション術とは、言葉で伝えること。つまり、話すること聞くことなのです。

初対面で会話を続けるコミュニケーション術

初対面でも、会話は楽しみたいものです。そして、会話が弾むとまた会いたいと思えます。コミュニケーション術を心得ていれば、会話で盛り上がり、次はどこかに行きましょうとか、おすすめのお店を紹介しあいましょう、という展開になります。その展開は、次にまた会いましょう、その次の約束までしているようなものです。初対面だからこそ、会話は弾ませたいものです。

相手の気持ちを考えずつっぱしらない

初対面で会話を続けるには、まず、相手に興味を持つこと、それを相手に対して意志表示することです。名刺交換をするなら、名刺の肩書き、デザイン、画像、名前の字面、名前のイメージ、といったことについて気がついたことを言ってみましょう。そこから、会話のキッカケを見つけていくのです。もちろん、自分の名刺もちょっと凝ったものを作っておくといいでしょう。

目を見て話す

会話の基本中の基本です。相手の目を見て話しましょう。ずっと目を見ていると、照れくさかったり疲れてしまうので、片目だけを見るとよいでしょう。相手が自分よりも背が高いなら、ネクタイのあたりや顎のあたりを見ているとよいでしょう。話をしている間、ずっと緊張しているのも疲れます。リラックスして会話できるように、考えてみましょう。

会話だけでないコミュニケーション術

コミュニケーション術というのは、情報を伝えあうのではなく、感情も伝え合うことを意味しています。会話という言葉だけでなく、感情も伝えましょう。そのためには、言い方や表情に気持ちを込めることです。また会いたい話がしたい、という気持ちを込めて会話をすると、自然と相手に伝わるものです。相手もこちらの感情を受け止めてくれる準備ができていればなおさらです。

共感している意思表示

話の中で、相手の言葉に「それはとってもよくわかる」という意思表示をすると、共感しているということが伝わってきて、親近感がわきます。次にまた会いたい、につながります。かといって、相手の話をさえぎってまで言うことはありません。相手の話の途中には、うなずいたり、時には言葉をメモしたり、一生懸命聞いているよということを表せば十分です。

ほほ笑んで伝える

話が一段落したところで、今の話題について共感したことを伝えましょう。共感したなら、自然とほほ笑みがでてくるものです。おおげさに身振り手振りをしなくても、ほほ笑むだけで十分です。または、小さく拍手をするくらいのリアクションです。ほほ笑んだことで、伝わります。伝わったなら、相手の方から何かリアクションがあるのではないでしょうか。

会話と表情のコミュニケーション術

話をするときにも聞く時にも、興味をもって意思表示をすることが、コミュニケーション術です。相手からのリアクションを期待するなら余計に、まずはこちらから好意的に反応してみましょう。場の空気も変わりますし、話しやすくなります。

write byちわわん
美容師・エステティシャン・化粧品販売などの美容関係で勤務していた経歴があり、現在はWEBライターとして活動中。美容や医療系を中心に、自信の経験に基づき、培われた知識を発信しています。


READ MORE