年上女性と距離を縮めるためのマル秘テクニック【東京ジョブコンTABLOID】

TECH
2017/12/05

年上女性と距離を縮めるためのマル秘テクニック

男性は自分にないものを相手女性に求める傾向にあります。特にしっかりしているイメージの年上女性に惹かれてしまう人は多いのではないでしょうか。年上女性と距離を縮めるためのマル秘テクニックを伝授します。

男らしさをアピールすることを考えて行動

年の差カップルは珍しくありませんが、やはり多くの女性は年上男性を求める傾向にあるようです。中には年下NGと考える人も少なくありません。そんな不利な状況下で距離を縮めていくためには、自分の男らしさを相手にアピールしていくことが大切です。

若さをアピールし過ぎない

年上女性と若い男性のカップルは珍しくありませんが、どうしても女性は自分の年齢は意識してしまうものです。そのため年上女性にアプローチする際は、自分が年下の男性であることを意識し過ぎないように注意しましょう。「自分はあなたより年下だから」とあからさまにするのではなく、飽くまで恋愛対象として「そういえば年下だった」と思わせられるくらいにイメージさせましょう。

年上女性を男らしくリードする

なんとなく若い男性に興味を持っている女性は世話好きのイメージが強いですが、基本的には男性にリードしてもらうことを望んでいます。相手の方が年上なのだからと、女性任せにするだけでは距離を縮めることが徐々に難しくなっていきます。少しでもリードをすれば女性側もそういったあなたに対する評価が変わってきます。最初からダメだと諦めるのではなく、勇気を振りぼって行動することも大切です。

子どもっぽい印象を与えないように注意

年上女性との間に生じてしまう年齢のギャップは意外にも大きいものです。特に言葉遣いにおいて、相手女性から「子どもっぽい」と思われてしまうかもしれません。いつも仲間内では普通に使っている「マジ?」や「〇〇じゃね?」などといった言葉は、年上女性からしたら幼稚に聞こえるかもしれません。自然な言葉づかいで、相手女性が不快に感じない程度の言葉遣いを心掛けましょう。

年齢に対する不安を取り除く

どれだけあなたが魅力的な男性に見えても、女性は自分が年上であることに対して悩むときがきっと来るはずです。最初は何も気にならなかったけれど、いざとなった時にそれを引き合いい出されるケースも少なくありません。そんな場合のことを想定して、真剣に相手のことを思っている旨を伝えましょう。また、年齢の差に対して自分がどのように感じているかに関しても本音で話しておくことも大切です。

年上女性には特に真剣さが必要

必ずではありませんが、将来のことを真剣に考えている人も少なくありません。結婚のことはちょっと…と最初から真剣な交際を求めていない人には不向きな存在かもしれません。もしもその気があるのなら、その辺りのことも話してみると良いかもしれませんね。

write byvesa tawast
大手広告代理店、外資系医療機器メーカーで営業を経験した後、Web記事を中心とするライターに転身。自身の経験に基づき、転職・スポーツ・美容・ガジェット・インターネットなど多様なジャンルで執筆活動に勤しんでいます。


READ MORE