好きな人とLINEを長続きさせる5つのテクニック【東京ジョブコンTABLOID】

TECH
2017/10/13

好きな人とLINEを長続きさせる5つのテクニック

好きな人のLINEをゲットしたのは良いものの長持ちしない・・・。そんな人はテクニックを身に付けましょう!

相手が読むことを考えて送ろう

LINEというのは、自分が話したいことを話すだけで終わるツールではありません。相手がそれを読むことを考えて、会話を組み立てていく必要があります。いきなり「私って最近ダイエットしてて」と語るのも良いですが、相手がそれを読んで、興味を持ってくれるかどうかという点は、とても重要だと言えます。ここを考えずにLINEを送ってしまっている人がとても多いです。文章が完成したら、一度読んでから送信ボタンを押すようにしてみてください。

疑問形を活用する

LINEで相手が話してくれているのに、自分から「うん」とか「へぇ」とかしか送っていない人もいますよね。それだと、相手も返信に困ります。そこから疑問形に繋げていくことは長持ちさせるテクニックの中でもとても重要です。例えば、相手が「散歩にハマっているんだよね」と言えば、「そうなんだ」だけじゃなくて、「どれくらい歩くの?」とか「夜?それとも昼?」とか聞き返してみてください。

文章は長すぎないようにする

文章というのは、長すぎると相手が読みたくなくなります。そのため、基本的には長くなりすぎないようにしましょう。どうしても長くなりそうな場合は、一度内容をまとめて送信し、相手が返信してくれたら小出しに話題を振っていくのが良いです。それだと、相手もテンポよく会話することができて、気持ち良くLINEを送ることもで切るでしょう。

ネガティブな内容は避ける

LINEにズラズラとネガティブな内容が書かれているだけで、読む相手は嫌になります。自分が愚痴を言いたいというのもわかりますが、この手のツールを使うときはネガティブなことは極力言わないようにするのが良いです。もっと親密になってから少しネガティブなことであれば共感してもらえることは多いかもしれませんので、そこは上手に調節しましょう。

相手を褒める

LINEで相手を褒めるというのは、実はとても重要なポイントです。何もなくただダラダラと会話しているだけでは、相手も飽きてきます。褒められて嬉しくない人はいないので、積極的に褒めて会話を盛り上げていきましょう。

write byちわわん
美容師・エステティシャン・化粧品販売などの美容関係で勤務していた経歴があり、現在はWEBライターとして活動中。美容や医療系を中心に、自信の経験に基づき、培われた知識を発信しています。


READ MORE