長続きさせる!好きな人とのLINE会話のコツとは?【東京ジョブコンTABLOID】

TECH
2018/05/25

長続きさせる!好きな人とのLINE会話のコツとは?

友人、知人、好きな人まで手軽に色々な感情を表現することができるLINEですが、好きな相手とのやり取りに困っている人もいるのではないでしょうか。そこで長続きされるための、LINE会話術を伝授します。

共通の話題を話すのが前提

「暇潰しの相手として長続きさせたい」こういった理由は対象外です。そもそも相手女性に失礼だと思ってください。しっかりと共通の話題が合った上で、LINEのやり取りをするようにしましょう。ただスタンプを送り合うなどの行為は、面倒臭いと思われている可能性が高いですよ。

文章が長すぎるのはNG

たしかに会話が長続きしていると、文章が長くなってしまいますよね。自然な流れで長文になることは、全然問題ありません。指摘したいのが、最初から5行、6行の文章を相手に送ってしまうこと。返すのも億劫になってしまって、既読スルーなんてこともあり得ます。最初は単発なコミュニケーション交換のためにも、長くて3行が限界。ただし、短すぎると素っ気なく思われてしまうこともあるため、気を付けましょう。

スタンプを上手に活用する

会話によっては、どうしても短くなってしまう場合ってありますよね。そんな時に活用したいのが、LINE特有のスタンプです。無料で発行されているスタンプでも女子ウケの良いものは数多く存在します。性格上からフランクに話すことが難しいという方は、こういったスタンプを上手に活用することで、柔らかなやり取りに変えることが可能です。

1日でやり取りする回数は少なめに

社会人で仕事を行っていたら、スマホのLINEをチェックする時間は限られていますよね。また休日などで、好きな人からのメッセージが来たらすぐに返したい気持ちはありますが、何度もやり取りをしているうちに、話すことがなくなってきてしまいます。また面倒臭いと思われて、相手から途中で切られてしまうことも十分に考えられます。時間がある時でも、1日でやり取りする回数は少なめにしましょう。

既読スルーがあっても焦らない

好きな相手からLINE特有の「既読スルー」をされてしまったら焦ってしまいますよね。こういった場面で「どうした?」などのコメントは禁物です。寝落ちしてしまったり、何かで忙しいなど、相手にだって都合はあります。そういった彼女のスケジュールをしっかり尊重してあげることも、モテるポイントのひとつ。辛抱強く待ってあげることも、長く続けるコツですよ。

質問ばかりは相手が疲れる

最後にどういった文章を送り合えばいいのか。結局は質問が中心になってしまうのですが、これって相手からするとかなり面倒。文章が長くなりすぎたら、途中で別の話題をとりいれるなど機転を利かせましょう。

write byvesa tawast
大手広告代理店、外資系医療機器メーカーで営業を経験した後、Web記事を中心とするライターに転身。自身の経験に基づき、転職・スポーツ・美容・ガジェット・インターネットなど多様なジャンルで執筆活動に勤しんでいます。


READ MORE